2010年01月25日

小沢氏、続投を表明=「職責を全う」(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は23日夜、資金管理団体の政治資金規正法違反事件に関する東京地検特捜部の任意の事情聴取後、都内のホテルで記者会見し、「自分自身としては与えられた職責をまっとうしていきたい」と述べ、幹事長の職務を続投する考えを明らかにした。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

ハイチ大地震 日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
パロマ中毒死、5月判決=元社長ら改めて無罪主張−東京地裁(時事通信)
踏切で1人倒れ、助けようと…高齢夫婦死亡(読売新聞)
<加害者家族>NPO団体が調査へ 孤立の実態探る(毎日新聞)
<雑記帳>遠野の「語り部」289人を認定(毎日新聞)
posted by ヤマシロ ナオト at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。