2010年05月21日

強制わいせつ致傷、岐阜の裁判員裁判の控訴棄却(読売新聞)

 女子学生を刃物で脅して暴行を加えたなどとして強制わいせつ致傷罪などに問われ、1審・岐阜地裁の裁判員裁判で懲役3年の判決を受けた岐阜市六条江東、とび職徐康次被告(27)の控訴審判決が17日、名古屋高裁であった。

 弁護側は「1審が余罪を考慮して量刑を決めたのは、二重処罰を禁じた憲法に違反する」と主張していたが、下山保男裁判長は「犯行の常習性を知るために考慮しただけで、憲法に違反しない」と述べ、控訴を棄却した。

 徐被告は計6件の罪で起訴されたが、裁判員裁判で審理されたのは今回の強制わいせつ致傷事件で、5件は裁判員対象以外の事件や制度開始前の起訴のため、別に審理されて懲役15年を言い渡され、控訴している。

 裁判員裁判の判決は余罪の審理直前に言い渡され、量刑理由で余罪があることを挙げていた。

月内閣議了解「決意変わらず」=社民反対に首相―普天間(時事通信)
盗難手配ミスで車スクラップ 兵庫県警135万円賠償(産経新聞)
14日に和解協議入り=札幌地裁の勧告受け入れ−交渉は難航も・B型肝炎訴訟(時事通信)
普天間、手順に注文=社民・福島氏(時事通信)
琉球銀行元行員を再逮捕=さらに1億円詐欺容疑―沖縄県警(時事通信)
posted by ヤマシロ ナオト at 12:12| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

介護保険 ドラマで解説 豊島区がDVDを制作(産経新聞)

 創設から10年たったが、まだ十分な理解が進んでいない介護保険制度を分かりやすく解説しようと、豊島区は、介護サービスの利用までの流れをドラマ仕立てにしたDVDを制作した。区によると、23区では初めてで、全国でも珍しい試みだという。DVDは区役所別館2階の「介護保険ライブラリー」で無料で借りることができるほか、インターネットでの配信も検討している。

 DVDは「ドラマ編」(35分)と、図を使って制度を解説する「制度説明編」(15分)の2部構成。ドラマ編では、1人暮らしの高齢の母親宅に息子が戻ったところ、母親の足腰が弱ってきているのに気づき、介護保険を利用しようとするストーリーになっている。

 ドラマの台本は区の職員が執筆。区は「職員は制度をよく分かっており適任。実際に区民からよく寄せられる質問を盛り込んだ」としている。台本担当の職員は「説明的になりすぎず、ストーリーを壊さないようにするのが大変だった」と話している。

医療法人の一般病院、黒字が13年ぶりの70%割れ(医療介護CBニュース)
東京芸大で出会った祐二と幸 挙式の日に関西へ(産経新聞)
<ハンカチ王子>斎藤まだ伸びる スカウト陣、投球術を評価(毎日新聞)
富士ソフト元課長代理を逮捕=2700万円背任容疑−大阪府警(時事通信)
<御殿場女性遺体>元夫が殺害認める供述(毎日新聞)
posted by ヤマシロ ナオト at 11:42| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。