2010年02月02日

大阪でもホッピー人気に(産経新聞)

 東京でブームのアルコール度0・8%の麦芽飲料「ホッピー」を飲める大阪市中央区の居酒屋「江戸幸(えどこう)」がホッピーファンの人気を集めている。

 甲類焼酎と混ぜて飲むのが普通で、ビールがまだ高価だった昭和23年、安く飲めるビアテイストの酒として誕生。出荷先の9割近くは首都圏という。

 凍らせたジョッキに2割の焼酎を入れ、ホッピーを注ぐと、おいしそうな泡がジョッキの縁を覆う。東京で親しんだ味を求めて探し回り「常連になった転勤族も多い」という。

「レジ袋」のごみ袋使用禁止 静岡浜松市が4月から開始(J-CASTニュース)
400万円奪い逃走=男4人組、宅配業者装う−千葉(時事通信)
<掘り出しニュース>「ガタガタ」−-木製“地獄橋”が音立てる 茨城・常陸太田(毎日新聞)
<派遣労働者>携帯で条件チェック 連合が2月サイト開設(毎日新聞)
働き盛り襲う心臓突然死 ストレス引き金…心身管理が大切(産経新聞)
posted by ヤマシロ ナオト at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<黒澤明記念館>建設資金調達の報告 財団がキャンセル(毎日新聞)

 佐賀県伊万里市に「黒澤明記念館」の建設を計画している黒澤明文化振興財団が、約4億円の寄付金を決算報告書に記載していないなどのずさん運営が指摘されている問題で、09年12月に記念館建設資金の調達状況について市が再度求めた説明を財団側がキャンセルし、そのままとなっていることが分かった。市は1日、財団の黒澤久雄理事長にあてて、資金調達の現状報告と寄付金問題の説明をするよう文書で求めた。

 塚部芳和市長が同日の定例会見で明らかにした。市によると、財団の田畑稔常務理事は寄付金について09年12月1日、市や市議会に「凍結(保管)している」と説明し、その席で同18日にはさらに詳しい説明をする約束をしていたという。

 しかし、同財団の田畑常務理事から「パリでの企画が延びて行けなくなった」と連絡があり、説明はキャンセルされた。その後、連絡を取ったが多忙を理由に日程が決まらず、寄付金の不明朗な取り扱いも表面化した。

 塚部市長は財団側から建設資金の調達状況や寄付金の明朗化などを聞き取って建設の是非を判断する方針。寄付金について「保管されていなければ背信行為。建設されないなら返還すべきだ」と述べた。

 同記念館は建設費約19億円を寄付金で賄い、黒澤明生誕100周年の10年に完成する予定という。市は記念館設立に絡む権利購入や土地造成などで約3億5100万円を支出している。【原田哲郎】

参院予算委 長妻氏が新語提案、「イクメン」「カジメン」(毎日新聞)
<小沢幹事長>地検が2度目の事情聴取…1月31日に都内で(毎日新聞)
阿倍野で民家火災(産経新聞)
小沢氏の進退「本人が判断すること」…首相(読売新聞)
「国会ツイッター実況」をツイッターで反省 みんなの党の柿沢氏(産経新聞)
posted by ヤマシロ ナオト at 05:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。